ブログを始めて友達から感謝された

メディアの作り方

こんにちは。岡本百加です。ブログを始めて15日目。記事数も少ないですしブログ閲覧者数もまだまだ。やっていることは、ブログを更新したらfacebookとツイッターでシェア。そこからブログを読んでくださる方がいます。

月曜断食の記事の反応がいい

私は体験記として月曜断食のブログを書いています。この記事の反応がいい。

月曜断食をやってみようと思います!という個別メッセージをもらったり、興味あるんだけどなんで月曜に断食するの?他の曜日じゃダメなの?という質問メッセージがきたり、ツイッターでいいねがついたり、facebookでコメントがついたりしています。友人から、ブログ楽しみに読んでるよ、参考になるよ!と感謝されました。う、嬉しい。

みんなダイエットに興味あるんだな〜。

興味あるけど、なかなか効果が出ないから悩んでるんだな〜。

ということが分かりました。

そんでもって、自分の体験や気づきが人の役に立てるんだなと嬉しくなりました。

人の役に立つ情報

私は、自分の興味のあることや体験を中心にブログを書いています。書き始めると、日記ではなく人の役に立つ情報って何かな?と考え始めました。

自分の興味や体験×誰かが抱える悩みや願望や知りたいこと

が掛け合わさると良いコンテンツになる。

自分だけでなく、誰がどんな情報を欲しいと思っているか、の二つが重なってそこで価値が生まれるんだなと思いました。

そのためには、まずは自分の興味や好きなことを深めていく。その先に、私が発信する情報に価値を感じる人に届けていく、という流れを作る必要があると考えています。

ブログをきっかけに人とつながる

ブログで情報発信し始めて、友人からメッセージが来たりなどの反応があって、とても嬉しい。発信することで、自分を知ってもらえるし、興味を持ってくれる場合があることが分かりました。ブログって人とつながるきっかけになるんですね。

記事を書くときは、具体的な人をイメージして書くようにしています。この記事は○○さんに届くといいな、などです。そうすると楽しく書けます。

ブログを始めて、アウトプットの場ができ、自分を表現し始めました。今はそれがすごく楽しい。まだまだ書き慣れていないですが、続けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました