友達との信頼関係を築くためにできる4つのこと

コミュニケーション

こんにちは。岡本百加です。私は、友達との距離感を縮めたり関係性を深めることが苦手です。どうしても苦手意識があって社交的に振舞える人や、軽快な会話ができる人が羨ましい。

初対面はまだいいんです。少しずつ距離が縮まってくると、ダメな私がバレて嫌われちゃうとか、変なやつって思われそうで、怖くなってきます。親しくなれたと思ったら、私から離れてしまった人もいます。悲しいですが、相性が合わなかったのかもしれませんね。

私が、友達との信頼関係を築くために、意識していることがあります。

相手の話を聞く

まずは話を聞きます。どちらかというと、話すより聞くほうが得意かもしれません。話を聞くことで自分の話をしなくていいから楽という感覚。

・うんうん、そうなんだね。

・なるほどね。そう感じたんだね。

・わかる。そういうことあるよね。

などの相槌が多いです。相手は共感してくれたと感じ、心を開いてくれることがあります。男女問わず共感されると人は嬉しいみたいです。

ただ一つ注意点があります。最初は話を聞くことで相手は喜びますが、だんだん物足りなく、つまらなく感じることがあるようです。一方的に話す、一方的に聞くだけだとバランスが悪いみたい。話を聞くだけだと、お互い対等な関係性が築けないことを学びました。だから聞くことも話すことも、両方大事みたいです。

自分の話をする

何を好きで、何に興味があるか、私は何をやりたいのか、何をしてるのかを表現することを心がけています。私を知ってもらうことで、お互いの相性がわかったり、共通点が見つかる可能性があるからです。

遠慮して自分の話をしないときや、話すことが何もないという場合もありますが、できるだけ自分の話をすることを意識しています。

お互いの共通点が見つかったときは嬉しい。盛り上がるしテンション上がります。仲良くなれた感じがしてとっても嬉しいです。

一方、共通点がなかったり、なんか合わないと感じるときもあります。悲しいですけど、いまは親しくなるタイミングじゃないのかなと捉え、またの機会につなげます。

素直な気持ちを伝える

相手の話を聞き、自分の話をした。少しずつ親しくなってきた。でも、お互いに誤解が生じることや、すれ違うときがありませんか?

例えば、食事に行く約束をしていて、時間場所を決めるのはこれからという場合。

忙しかったり次の予定の兼ね合いから、相手に合わせてしまうときはありませんか?

時間も場所もすべて相手の都合に合わせる。これ、最初はいいですけど、途中からうんざりしますよね。なんで私ばっかり合わせなきゃいけないの?みたいな。

こういうとき、素直な気持ちを伝えると、相手の対応が変わる場合があります。

・待ち合わせ場所は、○○がいいと思うのだけど、どうかな?

・この日は△△が食べたいのだけど、どうかな?

など、自分の気持ちを表現して、相手と折り合いをつけていきます。

それで相手が自分の都合ばかりを求めてきたら、「私も都合があるから、××だと助かる。私が合わせることが多いと疲れちゃうから、お互いの都合を調整できたら嬉しい。」など、今の状況は嫌ですとNOを伝えるようにしましょう。伝えないと、相手はいつまでたっても分からないままです。

思った以上に人は優しいことを知る

人との関わりのなかで、どうしても自分に意識がいってしまうときがあります。私はきっと嫌われるとか、みんな私に興味がないんだろうなとか感じるとき。

それは、自分に意識を集中し過ぎて、相手を見れてないとき。人は、自分が思った以上に優しい目で見れくれたり、気にかけてくれたり、相手も遠慮してる場合が多かったりします。ただ相手も言わなかったりするんです。

そこは、今まで過ごした時間やお互いに話したこと、お互いの関係性を信頼することが大切かもしれません。なかなか難しいですけど、お互いの信頼関係を築いていく大切なステップと感じています。

友達って一生の財産です。男女問わず友達がいると心強い。私もまだまだチャレンジ中ですが、大切な友達が1人増え、また1人増え、と少しずつ増えたらいいですね。応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました