月曜断食2ヶ月目。体重3kg減から動かず停滞期。

ボディメイク

こんにちは。岡本百加です。月曜断食を始めて2ヶ月目(7週目)。減量が進まず、同じ体重のまま、停滞期に入っています。

3kg減ですがそこから体重が落ちない。あと5kg落としたいけど、体重が変わらないということは、今のままだと体重が落ちない理由があるのでしょう。

思いつくのは、お酒を飲む機会が多いこと、夜ごはんの時間が遅くなり空腹で寝ることができていない、その日のうちに寝ていない、美食日に食べ過ぎている可能性が挙げられます。すぐに改善できる部分もありますが、なかなか難しい部分もあります。

お酒を飲む機会を週3日以下にする

私はお酒をよく飲みます。平日と週末含めて、週3〜4日くらい飲みます。1人で飲むときもあれば友人と飲むときもあり、一回あたり平均3〜4杯くらい飲みます。家では殆ど飲まない。

レモンサワー、ハイボール、ワインなどをよく飲み、ビールと日本酒はあまり飲みません。以前は毎日飲んでいましたが、月曜断食を始めてからお酒を飲む機会を減らしました。でも、平日と土日含めて週3日以下で抑えたいところ。

なんでこんなにお酒を飲むんだろう?

お酒を飲む機会が減ったらお金もかからないし減量に加速がつく。

私の生活からお酒を減らすと何が困るんだろう?

私なりの答えは、寂しいから。お酒を飲むと、気持ちが明るくなるし、肩のチカラが抜ける感じがするし、お酒を通じて、よく行く小料理屋のママと話したり、友人と話したり、人とつながることができます。

人と交流する手段の一つなんですよね。1人で家にいてもつまらないし寂しくなるので、それだったら飲みに行ったほうがいい、という感じでしょうか。

さらなる減量にはお酒を減らすことが必要、でもお酒を減らすと寂しさが募る。この相反する葛藤が進まなくさせてるかも。

生活習慣の見直しは、自分の癖の見直し。減量を中長期で取り組む場合、毎日の生活を変えていく必要があります。これは自分と向き合う作業になってくるので、しんどいところです。

美食日に食べ過ぎることを止める

月曜断食では、土日の美食日に好きなものを食べていいのですが、食べ過ぎている可能性があります。

こぶし2つ分の分量で食べることがルールですが、こぶし2つ分以上食べていることがある。

平日の良食日は、おかずと野菜中心で、炭水化物NGの糖質制限の食事メニュー。炭水化物は食べなくても平気になったのですが、お腹いっぱいになった感じがなくて、空腹感があります。その反動で食べてしまうのかも。

土日の美食日に食べたものは、オムライス、うどん、納豆ごはんなどの炭水化物だったり、チヂミ、サムギョプサルなどの韓国料理、餃子、炒飯を中心とした中華料理、寿司、スペイン料理などです。

私は食べることが好きなので、いろんなものを食べています。美食日のメニューは好きなものを選んでOKなのですが、食べる量の見直しですね。

美食日に食べ過ぎてしまうということは、平日の良食日の食事で満足感を得る必要があります。

昼ごはんはおかずを中心に満足感を得ているのですが、夜ごはんはサラダが多い。サラダもいいけど、DELIサラダのように満足感のあるサラダを工夫したり、自分好みの野菜たっぷりのスープを作って試すのも良さそうです。

汗をかいて代謝を良くする

去年12月、b-monsterという暗闇でボクシングをするフィットネスジムに入会しました。

45分間、サーキットトレーニング・シャドウボクシング・ボクシングを暗闇で行うというもので、すっごくキツイんですが、大量の汗をかき、終わった後はカラダが軽くなって爽快感。

週1〜2回通っていたのですが、この1ヶ月くらい行ってなくて、汗をかく機会が減りました。これも理由にあるかも。

私は自宅で仕事をしているので、打ち合わせなどの予定が入らない場合、家に引きこもっていることが多いです。

出かけても家の近くのスーパーやドラッグストア、ちょっとした買い物に出かけるくらい。そうすると全然動きません。カラダを動かさないので、消費カロリーも少ないし、代謝が悪そう。

毎日、15分から20分くらいお風呂で湯船に浸かって、血行を良くすることを意識していますが、お風呂に入っても汗はかかない。

今週からbmonsterを再開して汗をかく機会を増やそうと思います。カラダを動かして汗をかき、代謝を良くする。これがさらなる減量につながりそうです。

あと5kgの減量を目指していますが、本当は、好きなものを食べたいし、好きなお酒を飲みたい。

大好きなガパオライスやグリーンカレーを食べたいし、好きなだけお寿司を食べたい。焼肉も好きだし、久しぶりにシュラスコを食べに行きたい。

でも痩せたい!

今は短期で集中して減量し目標体重まで落とす。その間に、食生活やライフスタイルを見直して、減量した体重を維持できる生活習慣を身につける。振り返りと改善を繰り返しながら減量を続けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました