友達が羨ましいと感じて落ち込んだとき

コミュニケーション

こんにちは。岡本百加です。友達が羨ましいと感じたときはありませんか?

転職してお給料が上がった、結婚して幸せそうに暮らしている、新しいマンションを買ったらしい、など、自分が手にしていないものを友達が手にしていると、どうして自分は・・と落ち込んでしまうときがありますよね。

私もしょちゅう、ここにはまります。友達と自分を比較してしまうんですよね。友達が勝っている部分と自分のダメな部分を比較するので、勝負は負け試合になります。

比較しなくていい、とお伝えしたいですが、やはり人間。そうはいっても比較しちゃうときはあります。

嫉妬する方も嫉妬される方もつらい

友達を羨ましいと感じるとき、「○○さん、良かったね。羨ましい!」と軽やかに話せる人はこの先は読まなくていいかも。なかなか、そんな風に思えない、どちらかというと、重たい気持ちになるという人は読んでみて。

羨ましい気持ち、それは嫉妬です。自分が嫉妬してるって認めたくないけど嫉妬なんです。

嫉妬ってすごく嫌な気持ちですよね。自分が負けた感じがします。悔しいし、情けないし、もうイヤって投げ出したくなる。

でも嫉妬される方も嫌なんです。攻撃されたように感じるみたい。「○○さんはいいよね〜。私は全然ダメだよ。」少し嫌味を言ってしまったりしませんか?羨ましさがあって、ついつい冷たい対応してしまう。そうするとね、嫉妬された方は嫌な気分になります。

嫉妬は、嫉妬する方は苦しいし、嫉妬される方は攻撃を感じるし、お互いにとってつらい気持ちです。

負けちゃいましょう

友達が羨ましくて嫉妬しちゃうとき、どうすればいいんでしょう?

「残念だけど、(今は)その人に負けちゃってる。」と負けちゃいましょう。(今は)負けちゃってるのは事実かもしれません。

私は結婚しておらず子供がいません。だから結婚して子供がいる、家族を持っている人を羨ましく感じるときがあります。家族がいていいな、私は1人でさみしいな、と考えます。独り身の自由さはあるけれど、さみしくなる。

そういうとき、羨ましいなという気持ちを受け入れます。そんな風に思うのも仕方ないよねという感じで、自分に優しく声をかけます。今、私は手に入れてない、という事実を受け入れます。

友達と比較することで、勝ち負けを作っているのですが、負けることは、とても残念だし、悔しいし、情けないし、私はダメなんだって自分を責めてしまうこともありますが、それも仕方ない。受け入れましょう。

自分も手にしていい

友達を羨ましいと感じることを受け入れた。悔しいけど、負けちゃってるし、今の自分にはないものという気持ちを受け入れたら、次のステップです。

「自分も、友達が持っているものを手にしていい」と思うこと。

ちょっと分かりずらいかもですが、羨ましいと思うものは、絶対手に入らないものではありません。

たとえば、転職に成功した友人をみて羨ましいと思ったとします。自分も転職に成功する可能性はあると思いませんか?それは今すぐではないかもしれないし、数年後かもしれない。タイミングや転職のカタチは希望通りになるかは分かりませんが、手にすることはできるはず。

手に入らない!とダダをこねたり、自分を責めたり、自暴自棄になるのではなく、自分も手にしていいと思い、行動すること。その結果、手にすることができると思っています。あなたも、羨ましいと思うもの、手にすることができるんですよ。そこをしっかり腹に落としましょう。

嫉妬はつらい気持ちです。私も、嫉妬との付き合い方を学んでいるところです。

嫉妬との付き合い方を知ると、人生、豊かになります。だって自分が欲しいものがわかるんです。人と比較することで、嫉妬しちゃうわけだから、嫉妬がなくなるということはない。だったら上手に付き合いたいですよね。

嫉妬するということは、人のいいところが見える魅力かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました