【料理初心者向け】圧力鍋で5分熱するだけ。ふっくら柔らか肉じゃがの作り方。

料理初心者向けレシピ

こんにちは。岡本百加です。今回は肉じゃがレシピをご紹介します。肉じゃがって、煮込み料理の基本だし、美味しく作れるようになりたいと思いますよね。

フライパンや鍋で煮込むのに時間がかかりそう。野菜が崩れてしまわないかな?しっかり味がつくかしら?などの疑問が生まれます。

今回は圧力鍋を使うことで、その疑問を解決します。加熱時間は5分に短縮、野菜崩れなし、しっかり味がしみ込みました。美味しくできちゃいます。

今回は、クックパットのレシピを活用しました。

家の黄金比率で♥煮物の定番!肉じゃが♥(なおモカさん)

<材料>

牛肉・豚肉の小間切れなど400g

じゃがいも大きめ6コ

人参大1本

玉ねぎ大1コ

白滝1袋

※お好みでさやえんどうを入れてもOK。色鮮やかになります。

✿黄金比率の煮汁✿

*水400cc

*醤油・酒・砂糖・みりん各大4ずつ

*ほんだし大1

☆つくれぽ 11,157件

こちらのレシピでは、黄金比率の煮汁がウリです。醤油・酒・砂糖・みりんが同比率、そこにほんだしを加えます。どうやらこの煮汁、肉じゃがだけでなく、他の煮物でも使えるらしい。私はまだやったことないですが、大根の煮物やタラの煮物などにも使えそうです。

この比率で作ってみると、甘すぎず、薄すぎず、丁度いいです。まずはこのレシピで作っていただくと失敗しないはず。

肉と野菜を準備したら圧力鍋に入れて加熱5分

今回活用したレシピ(記事最後にご紹介)の中では圧力鍋を使っていません。フライパンや鍋で煮込んでいます。私がご提案したいのは、煮込む工程を圧力鍋に代替すること。もし圧力鍋があるなら時間短縮できますし、味がしっかりしみ込むのでこちらをオススメしたい。

まずは、豚肉と野菜を食べやすいサイズに切ります。煮込むことで、野菜が崩れやすいので、少し大きめに切ると○。肉と野菜を準備したら、圧力鍋に油をひいて軽く炒めます。この後、圧力鍋でしっかり煮込むので、軽く火を通すくらいでOKです。

圧力鍋で火を通した肉と野菜に、白滝を加え、そのまま水を加えます。さらに調味料(上記黄金比率の煮汁)を入れます。で、圧力鍋に蓋をして強火で加熱。

圧力鍋は火をつけても、鍋が温まるまで圧力がかかりません。圧力鍋から蒸気が出てきたら圧がかかり始めたサイン。蒸気が出るのは火をつけて3分くらい。蒸気が出てきたら火を中火に弱めます。そこから5分。少し待ちます。

5分経ったら火を止めます。5分以上煮込むと野菜が崩れるので5分を守ってくださいね。

火を止めて、圧力鍋の蓋が開くのを待ちます。火を止めた直後、鍋にまだ圧力がかかっており、蓋が開きません。やはり5分くらい待つ。しばらくすると、蓋のピンが下がり、開けられるようになります。

蓋を開けたら出来上がり!

じゃがいもは柔らか、玉ねぎの甘みがよく出てる

出来上がった肉じゃがを食べてみると、甘くて美味しい!砂糖の甘みというよりも、玉ねぎや人参の甘さが出ている感じです。じゃがいもが柔らかで箸がすっと入ります。

大きめにじゃがいもを切ったのですが、少し小さくなってる。大きめに切って正解でした。玉ねぎはトロトロになってた。人参も柔らかくなってるし、白滝も味がしみてる。

圧力鍋で大量に作って冷蔵庫で保存すれば、数日おかずで出せそうだし、味が濃すぎないので、飽きずに食べられそうです。

ごはんと合わせて食べても美味しい。お酒のつまみにも合う。私は、この肉じゃがが美味しすぎて、1日で2皿食べました。あっという間に食べ尽くしましたよ。

冷蔵庫に肉と野菜が余っていて消費したい、でも時間がかかる料理は面倒というとき、圧力鍋を使って肉じゃがを作ると、数日、日持ちするのでオススメです。

もしよかったら、作ってみてくださいね。

今回活用したレシピはこちら

Cpicon

家の黄金比率で♥煮物の定番!肉じゃが♥ by なおモカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました