ブログを始めて21日。アウトプットで自分が変わる。

日常

こんにちは。岡本百加です。ブログを書き始めて3週間。毎日更新を心がけており、朝起きて朝食を採った後にブログを書く習慣を身につけています。最大2時間、できたら1時間で書き上げたい。書くことに慣れていないので、まずは続けることを目標にしています。

私は学ぶことが好きなのですが、その学んだ知識や経験を活かしているか、その知識を定着させているかというと、半信半疑なところがあります。

ブログを始めて、知識や知恵を活かして定着させるにはアウトプットが効果的、ということが分かってきました。

ブログを書くと自分がわかる

ブログを書く、ここではアウトプットすることを意味しています。アウトプットとは、自分の中の知識や経験を外に向けて表現することです。具体的な行動は、人前で発表したり、何か話したり、SNSやブログで発信すること。

一方、インプットという言葉も使われます。インプットはアウトプットの逆で、自分のなかに知識や経験を取り込むことです。本を読んだり、人と会話したり、映画を読んだりすること。

アウトプットすることで、インプットが定着してきます。たとえば、友人に仕事の相談をしアドバイスをもらった。このアドバイスはすごく参考になりそうと感じたならば、すぐに行動して仕事に活かしていくなどです。

  • インプット 友人からのアドバイス
  • アウトプット アドバイスを踏まえて行動する

となります。本を読んだらその本の気づきを生活に取り入れてみる、友達との会話で読んだ本の感想を言葉にしてみるなど、些細なことからアウトプットする機会はあります。

ブログを書き始めて気づいたのですが、自分のなかに、知識や経験がないと書けないということです。つまり、自分のなかにあるものしか書けない。そうすると、どんな知識や経験があるのだろうかと考え始めます。自分の好きなことや興味、やってみたいことが浮かんできます。

自分のデータベースの中から知識や経験を引っ張り出して、自分を表現するのがブログです。

インプットとアウトプットの循環は楽しい

アウトプットすることで、今まで取り込んだ知識や経験が活かされ始め、インプット→アウトプット→インプット.・・という循環が始まります。

この感覚が楽しいですし、自分にもチカラがある、これから何をやってみようかなと楽しくなってきます。新しいことや楽しそうなことが目につき、様々な分野に興味が湧いてきます。

インプットだけでも滞るし、アウトプットすることで、インプットが活かされる。さらには、インプットの分野を、自分の興味だけでなく、様々なジャンルに広げることで、知識や経験の幅が広がっていきます。ブログを始めて、新しいことや、自分の興味を深めていきたいという原動力が強くなりました。

アウトプットで人生は変わる

私はブログで書評を書いています。本を読んだらその本の感想や気づきをまとめている。

書評を書くことで、その本から吸収できる知識や知恵が体系化されます。アタマの中が整理できて、書くことで、知識や知恵が自分の中に取り込むことができるんだ!と発見がありました。

今までは、本を読んで気づきはあったけれど、読んだきり。読み返すこともあれば、そのまま読まない本もある。なんとなく消費するだけだった気がします。

学んだ知識が活かされていない・・と感じる場合、アウトプットの場が少ない可能性があります。どんどんアウトプットして並行してインプットをしていく、その幅が大きいほど、より大きなことができる気がしています。

今まで無自覚にインプットとアウトプットをしていた。意識的に取り組むことで、より効果的に知識や経験を活かせると感じました。これからは意識的に取り組んでいきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました