検索でヒットする記事タイトルの付け方

メディアの作り方

こんにちは。岡本百加です。私は、ウェブマーケティングに関する仕事をしています。ウェブマーケティングとは、ウェブを活用したマーケティングです。

ウェブを活用して、認知を高めたり、商品やサービスを購入いただくまでのお手伝い。その中でも得意な分野はSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)です。

SEOとは、検索ユーザーに向けてgoogleやyahooの検索結果で多くの露出をするための施策をいいます。検索ユーザーのニーズに応えられているとgoogleが認識したページが、検索結果の上位に表示されます。

何となく記事を書くのではなく、キーワードを意識すると、多くの人に読まれる記事が作れるようになります。キーワードを知ることでユーザーのニーズが分かる。ユーザーニーズを踏まえた記事が良い記事といわれます。

今回は、記事タイトルの付け方のコツをご紹介します。

検索キーワードにあたりをつける

私たちは調べものがあると、googleやyahooでキーワードを入力しますよね。たとえば友達と食事の約束がありお店を探している。

渋谷 イタリアン 女子会

などのキーワードを入力してお店を探します。この入力したキーワードを検索キーワードといいます。

記事を書くとき、最初に検索キーワードにあたりをつけます。

私の例をあげて説明しますね。

私は月曜断食の記事を書いているのですが、これは「月曜断食」というキーワードを意識しています。月曜断食をやってみたい、月曜断食を詳しく知りたい、月曜断食をやっているけど上手くいかないなどの、月曜断食に興味がある人向けに記事を書いています。

記事を書くとき、誰に向けて記事を書くかが大切です。なんとなく書くとボヤけてしまうので、対象読者を明らかにする。ダイエットに悩む人向けの記事、料理が苦手な人向けの記事、フリーランスの仕事に興味がある人向けの記事、なんでもいいです。対象読者を意識するしないで変わります。

そして、対象となる読者が調べるあろう、検索キーワードをざっくり考えます。月曜断食に興味がある人向けの記事であれば「月曜断食」です。

ここではざっくり考えるだけでOK。次のステップで具体的にツールを使って洗い出します。

狙うキーワードを決める

検索キーワードをざっくり考えたらツールを使って、具体例を見ていきます。

使うツールはこれ。

関連キーワード取得ツール(β版)

先ほどのステップで、検索キーワードにあたりをつけました。月曜断食という検索キーワードを入力しています。

googleサジェストという部分を見てください。ユーザーがgoogleで調べる検索キーワードをあげています。こちらのキーワードでどこを狙うか。そこを決めましょう。どのキーワードであれば記事を書けるかを踏まえて、狙うキーワードを決めます。

私の場合は、「月曜断食 ブログ」というキーワードを狙っています。このキーワードで調べる人は、実際に月曜断食をやっている人の体験記や感想を知りたいと思う人たちだと思うので、私自身の体験記を発信することで、ユーザーのニーズを満たすことができると考えたためです。

検索キーワードをタイトルに入れる

検索キーワードがわかったら、そのキーワードを記事タイトルに入れます。たとえば、月曜断食というキーワードを狙った場合。

<例>

・月曜断食をやってみた。体験記①

・月曜断食をやってみた。痩せるだけじゃない3つの効果

・月曜断食1ヶ月終了。体重3kg減、デニムがゆるくなった。

「月曜断食 ブログ」というキーワードを狙ってますが、ブログというキーワードは加えていません。体験記がそのままブログの意味を兼ねるので、わざわざタイトルに含めなくてもいい。

なんでもかんでも、キーワードを含めればいいという訳でもなく、狙ったキーワードを記事タイトルに含めることで、対象読者にわかりやすいものになっているか?という視点を持って考えてください。

<悪い例>

・月曜断食のブログ

・月曜断食のブログを始めた

・月曜断食のブログを書いた

「月曜断食 ブログ」というキーワードは含まれていますが、これでは何の記事を書いてるのかイメージしずらいですよね。

・どんな内容が書かれているかイメージできる

・クリックしたいタイトルになっているか

が満たされていたらOKです。意識してみてくださいね。

せっかく記事を書くなら、多くの人に読まれたいですよね。そんなときのちょっとしたコツをお伝えしました。少しの工夫で可能性は広がります。ぜひキーワードを含めたタイトルを考えてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました