ブログを始めてfacebookとツイッターのパワーを改めて感じた

メディアの作り方

こんにちは。岡本百加です。私は2019年4月9日にブログを始めました。毎日更新を心がけており、書くことに慣れる、書くことを毎日のルーティンに落とし込む、ことをしています。

ワードプレスでブログを更新しても、すぐには誰にも読まれません。オリジナルのドメインを取得しても、それは原っぱに家を立てるようなもので、ポツンとブログがあるだけ。そんなブログがあることは誰も知らないですし、知られるきっかけがない。

ブログが読まれる要素として、googleの検索にヒットして、そこから人が流れてくること。ただこれには時間がかかるので、SNSを活用することで、ブログを知ってもらい記事が読まれる、という流れを早く作ることができます。

私はブログを始めて、facebookとツイッターで、記事の紹介を始めました。facebookもツイッターもオワコン(終わっているコンテンツ)という人もいますが、まだまだ活用できると感じています。

facebookで公開。いいね!がなくても読んでいる

2019年4月13日、facebookでブログを公開しました。ブログ自体はその前にできていましたが、記事数が全然なくて、毎日記事を書き溜めてました。記事数がまとまった段階でブログを紹介するほうが、いくつかある記事の中から気になる記事を読んでくれるかもしれない、と思ったからです。

facebookで公開したとき、実際のいいね数よりも3倍くらいのブログ訪問者数がありました。で、思うのは、facebookのアクティブユーザーは減っているけど、投稿を見てるだけの人は多いかもしない。

投稿したりコメントをつけたりいいね!する人は、以前に比べ、一部の人に集中している感じがしますが、定期的に見てる人は多い気がします。

私も、facebookは見てるけど、いいね!をつけたり、コメントをしない時期がありました。キラキラ感をアピールする投稿にうんざりしたし、友人・知人と多く繋がっているため、投稿の敷居が高くなっていました。

ツイッターで発信力のあるフォロワーさんが紹介してくれた

私は久しぶりにツイッター(@Momoka_Okamoto)を再開。ブログを知ってもらう場として、ツイッターはまだまだ活用できるんじゃないかなと考えたためです。

ツイッターは久しぶりだし、まずは好きなように呟いて楽しんでみよう。参考になった、この呟きいいな、と思うツイートにいいね!を押し、どんどんフォローしていきました。

そうすると、フォロワーさんとの交流が生まれ、少しずつ関係性が築けてきました。ツイッターを再開してまだ1週間くらいですが、親しくさせていただいてるフォロワーさんが増えてきて、すごく嬉しかった。そして楽しい!

そしたらですね。発信力のあるフォロワーさんが私の記事やブログを紹介くださいまして、そこからツイッター経由の流入が増えました。

アラ姉@月曜断食はOGだからもうやってないよ(@arane_50s)さんに、月曜断食の記事を紹介いただきました。

アラ姉さんは、月曜断食に取り組んでいる先輩です。月曜断食4ヶ月で10kg体重を落としダイエットに成功した方。ツイートを拝見してると、すごく優しくて面倒見の良い方なんだろうなと感じます。

そしてなんと!AMUMA@ブログ毎日更新2000日まで67日(@amuma0204)さんにも紹介いただきました。

AMUMAさんは、書評ブログ中心に、ブログを毎日更新する先輩です。独自の視点で感動した点や気づき、学びなどをまとめていて、とても参考になるブログ。書評を読んで、実際購入した本もあります。

人とのつながりで情報は拡散する

私の場合、SNSはfaceookとツイッターをメインに活用していますが、すでにつながっている友人知人との交流だけでなく、まだ見知らぬ人との出会いを可能にするのがSNSなんだなと改めて感じています。

興味のある分野が同じ、ともに同じことをやっているなどの共通点があると、人は親しくなれますよね。

facebookは、友人知人に向けて発信します。投稿を見たり、自分が投稿することで、お互いの反応を通じて交流ができます。数回しか会ったことなくても、投稿を通じて縁が続いたり親しくなるきっかけになるし、久しぶりの友達とも投稿を通じて交流ができますよね。

ツイッターは、いま私が取り組んでいる、月曜断食やブログ毎日更新の分野に関わる人をフォローしており、またフォローくださる場合があります。ハッシュダグ(#月曜断食、#ブログ)をつけてつながりを作ります。

いろいろな距離感のつながりのなかで、人と人を通じて情報は広がっていく。やはり、情報発信をすることで情報は集まってくるんですね。ブログを通じてそんなことを改めて感じました。

やっぱり情報発信は大切。これからも発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました