高タンパク質で低カロリー。腹持ちする豆乳スープの作り方。

料理初心者向けレシピ

こんにちは。岡本百加です。ダイエットを始めて1ヶ月。大きな変化として、食生活に興味を持ち始めたことがあります。

今までの私は、基本外食、スーパーで買ってきたお惣菜を食べる、パスタ、カレー、ハンバーグ、丼ものが好き。そうです。栄養バランス無視、お腹がいっぱいになればいいという、食リテラシーがかなり低め。殆ど自炊をしていない。これじゃあ太ります・・

肥満まっしぐらの私ですが、月曜断食を始めてから食生活が変わりました。低糖質で腹持ちの良いレシピを探したり、タンパク質高めの食材を見つけて料理してみたり。

ダイエットメニューで重宝するのが豆乳スープでした。クリーム系スープですが、牛乳やバター、生クリームを使わず、豆乳に代替するのでカロリー低め。そんでもって豆乳を使うので高タンパク質です。野菜や鶏肉を加えると、腹持ちがよく、お腹いっぱいになる。しかも簡単!

美味しくて、簡単で、手間がかからず、栄養バランスがいい。そんなレシピを紹介します。

豆乳スープのレシピ

<材料>

・キッコーマン調製豆乳 750ml(大きめサイズが売っています)

・鶏もも肉 200g

・玉ねぎ 1個

・人参 1本

・ブロッコリー 1/2

・えのき 1/4

・コンソメ1個

・鶏がらスープ 大さじ1杯

・塩胡椒 適量

このレシピでは水を加えていません。豆乳だけでスープを作ります。ダシは、鶏がらスープとコンソメを使います。

まず、鶏肉や野菜を食べやすいサイズに切ります。大きめでも良いし小さめでもOK。お好みのサイズに切ってください。準備できたら、鍋で鶏肉を炒めます。鶏肉を炒めるときに、塩胡椒を軽く振ります。鶏肉の臭みが出ないように、味付けするためです。

鶏肉に火が通ったら、野菜を加えて軽く炒めます。そのあとは、豆乳をドーンと加えます。

5分くらい煮込むと野菜が柔らかくなってきます。そこで鶏がらスープを加えて味をみます。ほんのり味がつくくらいで、物足りなさを感じるかもしれません。そこでコンソメ一個、投入。鶏がらスープにコンソメを加えることで、味の深みが出てきます。

さらに5分くらい煮込んで完了。出来上がりです!

水を使わないので濃厚でとろみが出る

このスープでは、水を加えていないので、水っぽさがなく、豆乳の味がぎゅっと味わえます。とろみが出るんですよね。とろみスープのなかに、野菜や鶏肉が入ってるので、スープを飲むというより、食べるスープって感じ。人参、ブロッコリーが入ってるので歯ごたえもあり、食欲が満たされます。

味はというと、濃厚でまろやか。牛乳やバター、生クリームを使うシチューと比べ深いコクがあるかというと、そこまで深いコクはありませんが、十分味わいがあります。鶏がらスープとコンソメを加えたので、豆乳スープを煮詰めるだけよりも、深みが出ていると思います。

キッコーマンの調整豆乳750mlを買ってきて1回で使い切り、大量の豆乳スープを作りました。美味しくて飽きないため、2日かけて食べつくしました。美味しかったです。

高タンパク質で低カロリー。ダイエットメニューとしてオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました