会社の人間関係で苦労した私の3つの失敗

コミュニケーション

こんにちは。岡本百加です。

私は、2012年に独立しそれからずっと自分で仕事をしています。独立して自由でいいね、うらやましいと言われることもありますが、いやはや、そんなに簡単ではありません。

・売り上げを作らなきゃ

・来月の入金はあるのか

・誰と組んで仕事をするか

などを考えたりしています。

その中でも仕事仲間はとっても大切な存在です。

1人でできることは限りがあるので、誰かと組まないと進まない。大きな会社と違って総務人事や法務、営業、開発などがなくて人がいません。その部分を誰かと組んでカバーする必要があるのです。

私は仕事仲間との関わり方が下手で、ケンカ別れになったり、仲違いしたり、縁が切れたことが何度もあります。私の未熟さゆえのこと。当時、関わってくださった方には感謝しかありません。

今は仕事仲間に恵まれて楽しく仕事をしていますが、いくつも失敗しています。

怒ったら辞めてしまうのではないか?

大学生のインターン、アルバイト、スタッフを雇っていた時期がありました。独立したての頃は自信もなく不安が強かったと思います。そんな中で働いてくれるメンバーがいるのは、とってもありがたい。心強さになるし助かってました。

そこで困ったことが起きた。

私の自信のなさもあり、怒らなきゃいけない場面で怒れないんです。怒ったら辞めてしまうのではないか?と思いどうしても怒れない。

その結果、スタッフの遅刻が増えたり、「今日で辞めます」と言って急に来なくなる人や、私の指示を聞かない人が増えました。運営そのものが崩れていきました。

怒るって相手を信頼してないとできません。当時の私は、一緒に働くメンバーを信頼してなかったのだと思います。

今でも怒ることは苦手ですが、はっきり伝えること、相手に遠慮しないようにしています。

我慢しすぎて感情的にブチ切れる

私は自分の考えを伝えるのが苦手でした。遠慮しすぎてしまう。

みんながそれがいいというなら、それでいい。みんなが気分良く働いて物事がスムーズに進むのであれば、そのほうがいい。

この視点は大切だと思いますが、スタッフに押し切られてしまうことがありました。

そもそも私が仕事をお願いする立場であるのに、リーダーシップが取れない。そうすると不備が出てきます。

・仕事の納期が遅れる

・残業が増えコスト高になる

などです。

私もずっとイライラしてました。発する言葉もイライラした言葉になります。で、ブチ切れる。

原因は、私が自分の意見を言わずに合わせすぎたから。私の会社なのに、です。リーダーが自分の意見や方向性に迷いがあると、スタッフは動けません。そうすると納期も遅れますよね。ホント、未熟だったと思います。

今は主体的に物事を決めて、わかりやすく伝えるようにしています。

関係修復のフォローをせず縁を切る

仕事仲間との関係性が悪化したとき「辞めてもらっても構わない」という気持ちでいました。だからフォローもしない。関係修復のために、飲みに行ったり、個別に時間を取って話したりしなかった。

もう好きにしてくれ、という感じです。

そうすると、大体の場合は、離れていきます。で、そのまま縁が切れます。場合によってはケンカ別れです。

今考えると、すごくもったいないことをしました。

もちろんお互い人間ですから、相性が合わないことや求めることが違うケースがあります。

でも、何かのご縁で一緒に仕事をしたわけですから、関係性が変わってもつながりを作り続けることはできたはず。人とのつながりって財産。それが分かっていなかった。

自分で書いておきながら「私ってホント未熟で子供だったな」と反省のしきりです。関わってくださった方には感謝ばかり。

もう会うこともない人もいますが、関わってくださった方のご多幸を祈りつつ。

これからも精進したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました